ニュース

一六タルト 甘夏みかん味登場!そもそも一六タルトの由来って何?

一六タルト 甘夏みかん味

一六タルトと言えば四国の愛媛の銘菓。松山名物でありますが、当サイトでも 「愛媛お土産お菓子おすすめランキング」で人気評価の高い銘菓ですが、この度 一六タルトに甘夏みかん味が登場!

しかも夏季限定での発売とのこと。これは父の日やお中元候補に上がりますね。ひと切れ一六タルトで一つ一つ袋に包装されて食べやすくなっております。

【スポンサーリンク】

一六タルトの由来って何?

そもそも一六タルトってネーミングが何なのよって話ですが、愛媛松山では菓子としての意味で「タルト」と言った場合はこの一六タルトを指すが、洋菓子としての「タルト」と区別するため、愛媛タルト、松山タルト等と地名を冠して呼ぶこともある。

語源

オランダ語でケーキを意味する「taart」を由来とする説や、製法が似通っていることからポルトガル語でケーキを意味する「torta」説が提唱されている。いずれにせよ、これらの語(taart・torta・tarte)はすべて「焼き菓子」に相当するラテン語tōrtaに由来する。

歴史

この「タルト」は松山藩主・松平定行によって長崎から伝えられた。
長崎探題職を兼務していた定行は正保4年(1647年)、ポルトガル船2隻が長崎に入港したとの知らせで長崎に向かい、海上警備にあたった。結局のところ、ポルトガル船は国の統治者が代わったこと(ブラガンサ王朝の成立)を伝えるだけだったため港湾内で争いは無く、この際に定行は南蛮菓子に接しその味にいたく感動し、製法を松山に持ち帰ったといわれている。その南蛮菓子はカステラの中にジャムが入ったものであった(現在のロールケーキのようなものであったと推測される)。
現在の餡入りのタルトは定行が独自に考案したものと考えられている。その後久松松平家の家伝とされ、明治以降、松山の菓子司に技術が伝わり、愛媛の銘菓となった。

赤巻き

実はこの一六タルトによく似たお菓子がある。、熊本県の天草地方旧牛深市や、隣接する鹿児島県長島町には、このタルトの上に赤に着色したすあまを巻いたあかまきと呼ばれる菓子があるが、こちらはカステラ生地ではなくスポンジ生地であり、また「の」の字でない。

テレビ番組のとんねるずの食わず嫌い王でV6の岡田准一さんがお土産として「赤巻き」をすごくおいしいと紹介したことが有る。

一六タルトと赤巻きは見た目は非常に似ているが、味と食感は違う。どちらがおいしいかは機会があれば阿部比べてみてください。

 

 

【スポンサーリンク】

関連記事

  1. ニュース

    菓子博2017 人気や評判、口コミ感想などの内容 ツイッターまとめ

    お伊勢さん菓子博 2017 が三重県伊勢市で2017年4月21日(金)…

  2. ニュース

    カール 販売終了地域 悲しむ人続出 ありがとう!カールおじさん

    菓子大手の明治は2017年5月25日、スナック菓子「カール」の中部地方…

  3. お菓子 ランキング

    新ご当地プリッツ リニューアルした 通販でセットも買える!?人気ランキングも

    お土産お菓子の代名詞ともいえる、ご当地プリッツ。結構売店やお土産屋さん…

  4. ニュース

    お伊勢さん菓子博 2017 で 「白い赤福餅」が登場!?

    2017年 お伊勢さん菓子博 2017 が三重県伊勢市で2017年4月…

  5. ニュース

    うんこ漢字ドリルのお菓子が発売! 2017.12.12

    近年、爆発的な人気を博した「うんこ漢字ドリル」小学生のお子様やその親御…

  6. ニュース

    すっぽんパイ 朝のお菓子 春華堂より発売

    うなぎパイで有名な春華堂より「すっぽんパイ」が新発売!静岡浜松と言…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP